亜鉛の効果に亜ついて|亜鉛はこんなにすごい栄養素だった!

HOME | 運営会社 | サイトマップ
お気に入りに追加

>>おすすめ亜鉛サプリランキングをみる

亜鉛と相性悪い栄養素
亜鉛と相性が悪い栄養素

亜鉛には吸収率を更に下げてしまう相性の悪い食品があります。食事で摂取する際には吸収率について考慮しましょう。

  • 食物繊維
  • フィチン酸
  • 銅や鉄などのミネラル

食物繊維は摂取量が多いと、亜鉛と結合し腸からの吸収が低下します。牡蠣や牛肉など亜鉛が多い食品を食べる場合は、大量のサラダのような組み合わせは避けましょう。フィチン酸は穀物や豆類に多くなっています。
銅や鉄などのミネラルは、過剰に摂取することで亜鉛の吸収率が低下します。元々ミネラルは複数のミネラルバランスが保たれているのが好ましくなっています。亜鉛、鉄、銅、どれが突出していてもほかのミネラルのバランスが悪くなります。
ほかにもインスタント食品に含まれるフィチン酸、ポリリン酸も吸収率を低下させます。加工食品が多い方は亜鉛不足を招きやすくなります。

その他の注意したいこと

亜鉛の吸収率を高めたいなら次の食生活にも注意しましょう。

  • 緑黄色野菜に含まれるタンニンと一緒に摂らない
  • パンやパスタとの相性が悪い

亜鉛が多い食品を食べる際には、穀物や野菜を組み合わせるより単体がおすすめです。もし食べるとしても少量にすればそれ程吸収率は下がらないでしょう。
また、アルコールを飲む際にも亜鉛の消費量が多くなります。亜鉛はアルコールを分解する酵素の働きにも関与しており、大量のアルコールは亜鉛も同時に消費量が多くなります。通常の食事では補いきれないこともあるため、おつまみには積極的に亜鉛が含まれるものを選ぶことです。
ほかにも注意したいのは男性なら精液の排泄です。精液にも亜鉛が含まれるため、排泄量が多い方は調節することをおすすめします。妊活中の方は多めに摂ると不足しません。

>>おすすめ亜鉛サプリランキングをみる