亜鉛の効果に亜ついて|亜鉛はこんなにすごい栄養素だった!

HOME | 運営会社 | サイトマップ
お気に入りに追加

>>おすすめ亜鉛サプリランキングをみる

亜鉛と相性抜群の栄養素
亜鉛と相性が良い3つの栄養素

亜鉛と相性が良い栄養素は3つのタイプがあります。食事で亜鉛を摂取する場合は、食品の組み合わせを考えると良いでしょう。元々胃腸での吸収率が少ない亜鉛ですから、できるだけ吸収し体に取り込みやすくするのが良いのです。

  • クエン酸を含む食品
  • ビタミンCを含む食品
  • たんぱく質が多い食品

これら3つの食品で亜鉛の吸収率が高まります。クエン酸はお酢や梅干を調味料として使えば良く、ビタミンCは野菜から摂取できます。元々亜鉛の摂取量が多い魚介類・肉類と一緒にこの2つの栄養素を組み合わせてください。
たんぱく質は動物性食品を取り入れればよく、亜鉛が多い食品を選べば必然的に摂りやすいため注意する必要はありません。牡蠣のレモン汁あえ、牛肉のポン酢サラダなど工夫して食べると良いでしょう。

相性の良い食品と組み合わせる理由

亜鉛は十二指腸から吸収され、糞や尿・汗などでも排泄されています。吸収量は非常に少なく食事からでも5%~10%程度というデータもあります。吸収が良い場合でも最大40%程度と体に多くを取り込めていません。
食事からは通常10㎎~20㎎摂取できており、その一部が吸収されると考えておきましょう。更に添加物、アルコール、ストレスなどでも消費量が多くなるため、しっかりと亜鉛が補給できているようでも、意外と不足している人が多いのです。
このように吸収率が良い食べ物と一緒に摂らないと意味がないのはお分かりでしょう。クエン酸やビタミンCはキレート作用により、亜鉛の吸収率を高めてくれます。更に亜鉛サプリメントの場合、合成亜鉛で吸収率が低いものもあるため、できるだけ天然原料こだわることをおすすめします。

>>おすすめ亜鉛サプリランキングをみる