亜鉛の効果に亜ついて|亜鉛はこんなにすごい栄養素だった!

HOME | 運営会社 | サイトマップ
お気に入りに追加

>>おすすめ亜鉛サプリランキングをみる

亜鉛を多く含む食べ物
亜鉛が多い魚介類
亜鉛が多い魚介類

亜鉛は魚介類をバランスよく食べると摂取しやすくなっています。含有量でいえば牡蠣ですが、旬の時期以外にはいろいろな魚介類を食べる方法がおすすめです。

  • 牡蠣
  • するめ
  • ほや
  • カニ缶
  • わかさぎの佃煮
  • ハマグリの佃煮
  • 干しエビ
  • 煮干
  • たたみいわし
  • かつおぶし

水分が少ない煮干、かつおぶしをダシに使ったり、ご飯にふりかけて食べても亜鉛が摂取しやすくなります。これらはできるだけ身も捨てず食べきるほうが摂取量が多くなります。
ほかにも佃煮系にも亜鉛の量が多いため、魚介類を食べる機会が少ない方は、毎日の食卓に魚介の佃煮を用意し摂取量を増やしましょう。
魚類も0.4mg~1mgの亜鉛が含まれているものが多く、毎日の食卓で1度は取り入れたい食品です。

亜鉛が多い肉類
亜鉛が多い肉類

亜鉛の含有量が最も多いのが牡蠣ですが、毎日の食卓で利用しやすいのは肉類でしょう。たんぱく質も多く亜鉛の吸収を高めてくれますから、1日に1度は取り入れておきたい食材です。

  • ビーフジャーキー
  • レバー
  • 牛肉
  • コンビーフ
  • サラミ
  • マトン
  • 豚肉
  • 鶏肉
  • ベーコン
  • ウィンナー

最も亜鉛が多いのは牛肉です。特にビーフジャーキーのように乾燥した牛肉は、十分な量が摂取できれば1日の推薦量に達することができます。おやつに取り入れたり、亜鉛の消費量が多いためお酒を飲む方はおつまみにすると良いでしょう。
ほかにも鶏肉、豚肉、ラムなど肉類全般に亜鉛が多く含まれています。毎日牛肉を食べるわけにもいきませんから、バランスよくいろいろな食材を取り入れましょう。理想は1日1回は手のひらサイズのお肉を食べることです。

>>おすすめ亜鉛サプリランキングをみる