亜鉛の効果に亜ついて|亜鉛はこんなにすごい栄養素だった!

HOME | 運営会社 | サイトマップ
お気に入りに追加
薄毛のお悩み

>>おすすめ亜鉛サプリランキングをみる

亜鉛はタンパク質合成に関わる

なぜ亜鉛が薄毛対策に良いのでしょうか?それは、タンパク質合成に必要だからです。髪にはケラチンというたんぱく質が多く含まれています。つまり髪を成長させるためには元となるたんぱく質、そしてそれを合成させる亜鉛が必要となります。
新たに髪が生えてくるためには、細胞分裂が必要です。亜鉛はたんぱく質の合成を助け、細胞分裂を促します。このことから薄毛に良いと考えられています。亜鉛が十分補給できていれば、髪が強く成長していきます。
薄毛の方は髪が生えてきても弱々しく、途中で抜け落ちていることが原因です。それをちゃんと正しいサイクルで成長させるのが亜鉛の働きとなります。
亜鉛は男性の薄毛対策としてだけでなく、女性の髪全体のボリューム改善にも役立ちます。一本一本がしっかりと強くなり、正しいサイクルで生え変わるようになります。

男性ホルモンを調え薄毛対策

亜鉛はホルモンの材料にもなります。男性なら男性ホルモンの量を調え、女性なら女性ホルモンを整える作用が得られます。
男性の薄毛の場合男性ホルモンのテストステロンが還元酵素の5αリダクターゼにより、毛髪に影響を及ぼす成分が作り出されます。この量が多いと途中で抜け落ちたり、弱く細い毛が生えてきます。亜鉛がきちんと補給されれば男性ホルモンのバランスが調い、男性の薄毛対策に繋がります。
女性も加齢によりホルモンバランスが変化することで薄毛になります。男性と違い髪全体のコシが無くなり、一本一本が弱く細くなるのが特徴的です。この場合も適切に亜鉛が補給されていることが重要で、薄毛対策に繋げていきましょう。
また、薄毛の原因はストレスともいわれています。ストレスは亜鉛の消費量を多くし、髪のタンパク質合成力を落すため注意しましょう。

>>おすすめ亜鉛サプリランキングをみる